"アポロ13号" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
アポロ13号
'アポロ13号'は、1970年4月に行われた、アメリカ合衆国のアポロ計画の3度目の有人月飛行である。途中での事故によりミッションを中止したが、数多くの深刻な危機を脱して、乗組員全員が無事に地球に帰還した。 == 概要 == 1970年4月11日、米中部時間13時13分、ジェームズ・ラヴェル|ジェームズ・A・ラヴェル船長、ジャック・スワイガート|ジョン・L・スワイガートアポロ司令・機械船#司令船|司令船操縦士、フレッド・ヘイズ|フレッド・W・ヘイズアポロ月着陸船|月着陸船操縦士を乗せたサターンV 型ロケットは、第3番目の有人月面飛行を目指して、ケネディ宇宙センター第39発射施設から発射された。 2日後、電線が短絡し火花が散ったことによりアポロ司令・機械船#機械船|機械船の酸素タンクが爆発し、飛行士たちは深刻な電力と水の不足に見舞われることになった。司令船には独自のバッテリーと酸素が搭載されているが、それらは大気圏再突入の際に必要...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"アポロ13号" に関連する情報はありません。