"オキシトシン" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
オキシトシン
'オキシトシン'(Oxytocin, OXT)は、視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンである (システイン|Cys-チロシン|Tyr-イソロイシン|Ile-グルタミン|Gln-アスパラギン|Asn-Cys-プロリン|Pro-ロイシン|Leu-グリシン|Gly)。1906年にヘンリー・ハレット・デールによって発見され、1952年に分子構造が構造決定|決定された。 注射剤の'アトニン'は分娩時に用いられる。オキシトシン経鼻薬は欧州で授乳促進の適応がある。鼻投与での自閉症の主症状の社交性の改善に対しては、偽薬と同程度である。 == 基本的特徴 == 2つのシステインとチロシン、イソロイシン、グルタミン、アスパラギンで大きな環を作っており、環の中の2つのシステインのそれぞれの硫黄原子がジスルフィド結合をし、1つのシステインから3つのアミノ酸(プロリン、ロイシン、グリシン)が分...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"オキシトシン" に関連する情報はありません。