"ナガミヒナゲシ" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
ナガミヒナゲシ
'ナガミヒナゲシ' ''P. dubium'' |学名 = ''Papaver dubium'' |和名 = ナガミヒナゲシ |英名 = :en:long-headed poppy|Long-headed poppy }} 'ナガミヒナゲシ'(長実雛芥子、長実雛罌粟、学名''Papaver dubium'')は、ケシ科の一年草である。 == 分布 == 地中海沿岸の原産でヨーロッパ、北アフリカ、西アジア、オセアニア、南北アメリカ、日本に分布する。 == 特徴 == 紅色、もしくは肉色と評されるオレンジ色の花を付ける。花弁は基本的に4枚だが、多少の変動がある pp.122-123。開花時期は4-5月。 高さは栄養状態によって異なるが、15cmくらいから最大60cmぐらいにまで生長する。茎には硬い剛毛が生えている。葉は細かく切れ込む。果実(芥子坊主)は細長く、和名の長実雛芥子はここから付けられた。果実の中には文字通り芥子粒の大きさの種が入っており(種子一粒の大きさは0.6×0.7mm、重さは0.13mg程である)、果実が茎から落ちて種を地...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"ナガミヒナゲシ" に関連する情報はありません。