"ヒンズー教" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
ヒンドゥー教
'ヒンドゥー教'(ヒンドゥーきょう、、、)、慣用表記で'ヒンズー教、ヒンヅー教、ヒンド教、ヒンドゥ教'は、インドやネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である。 英語のHinduは、まずイスラム教徒との対比において用いられるのが現在では一般的で、イスラム教徒以外で小宗派キリスト教徒・シク教徒、パールシー教徒・ジャイナ教徒・仏教徒など。少数派といっても一千万人以上、少なくとも数百万人の新教徒がいる。を除いた、インドで5億人を超えるような多数派であるインド的な複数の有神教宗派の教徒の総称である。ヒンドゥー教徒の数はインド国内で8.3億人、その他の国の信者を合わせると約9億人とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である『インドを知る事典』 22頁。現在の人口や国別統計は「:en:Hinduism by country|Hinduism by country」を参照。 同じく...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"ヒンズー教" に関連する情報はありません。