"ヒンズー教" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
ヒンドゥー教
'ヒンドゥー教'(ヒンドゥーきょう、、、)、慣用表記で'ヒンズー教、ヒンヅー教、ヒンド教、ヒンドゥ教'は、インドやネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である。ヒンドゥー教徒の数はインド国内で8.3億人、その他の国の信者を合わせると約9億人とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である『インドを知る事典』 22頁。現在の人口や国別統計は「:en:Hinduism by country|Hinduism by country」を参照。 ==語源と名称== 「ヒンドゥー」 の語源は、サンスクリットでインダス川を意味する に対応するペルシア語。「(ペルシアから見て)インダス川対岸に住む人々」の意味で用いられ『インドを知る事典』 25頁。、西欧に伝わり、インドに逆輸入され定着した。(同じ語がギリシアを経由して西欧に伝わって India となり、こちらもインドに逆輸入されて定着した。漢訳...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"ヒンズー教" に関連する情報はありません。