"レナードの朝" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
レナードの朝
'レナードの朝'』(レナードのあさ、''Awakenings'')は、医師・オリバー・サックス著作の医療ノンフィクション。また、そのノンフィクションを基にした舞台作品、映画作品。 == 内容 == Image:3,4-Dihydroxy-L-phenylalanin (Levodopa).svg|300px|thumb|[[レボドパ|L-ドーパ]] マウント・カーメル病院に入院していたの20名に、1960年代に開発されたパーキンソン病向けの新薬レボドパ|L-ドーパを投与し、覚醒させたが、耐性により効果が薄れていった状況を記述している。 ;第1部 プロローグ パーキンソン病、パーキンソン症候群、嗜眠性脳炎の説明。マウント・カーメル病院の環境やL-DOPAについて。 ;第2部 目覚め 個々の患者についての20の症例。 ;第3部 展望 サックスの考察。 ;付録 付録1 嗜眠性脳炎の歴史、付録2 奇蹟の薬、付録3 目覚めの脳波的基礎、付録4 L-DOPA以後、付録5 パーキンソン症候群の空間と時間、付録6 カオスと目覚め、付録7 ...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"レナードの朝" に関連する情報はありません。