"円周率" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
円周率
'円周率'(えんしゅうりつ)は、円 (数学)|円の周長の、直径に対する比率として定義される数学定数である。通常、ギリシア文字 、中世ギリシア語読み: 、現代ギリシア語読み: 。日本語読み: パイ、ピーラテン文字表記: , , , }}で表される。数学をはじめ、物理学、工学といった様々な科学分野に出現し、最も重要な数学定数とも言われる。 円周率は無理数であり、その小数展開は循環しない。円周率は、無理数であるのみならず、超越数でもある。 円周率の計算において功績のあったルドルフ・ファン・コーレンに因み、ルドルフ数とも呼ばれる。ルドルフは、小数点以下35桁までを計算した |author2=Ingmar Lehmann |translator=松浦俊輔 |title=不思議な数πの伝記 |pages=pp.62,-63 |publisher=日経BP}}。小数点以下35桁までの値は次の通りである。 : 3.14159 26535 89793 23846 26433 83279 50288 …}} == 基礎 == === 表記と呼び方 === 円周率を表...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"円周率" に関連する情報はありません。