"坂井秀至" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
坂井秀至
'坂井 秀至'(さかい ひでゆき、1973年4月23日 - )は、日本のプロ棋士 (囲碁)|棋士。関西棋院所属。兵庫県三田市出身。佐藤直男九段門下。灘高校卒業。 棋士 (囲碁)|囲碁界初の医師免許保持者、京都大学医学部卒業者。 関西棋院所属棋士29年ぶりの囲碁のタイトル在位者一覧|七大タイトル獲得者(第35期碁聖)。 == 来歴 == 産婦人科医院を営む父の影響で7歳から囲碁をはじめ、三田市立三田小学校3年から佐藤直男の子供囲碁教室に入る。同教室には、1級上に結城聡が居た。結城が院生になり参加資格が無くなった、小学4年から少年少女囲碁大会小学生の部兵庫県代表となり、全国5位に。翌年は全国大会決勝戦で、倉橋正行に敗れ準優勝。同年には全日本アマチュア本因坊戦兵庫県代表にもなり、アマチュア本因坊戦最年少出場記録であった。その翌年小学6年生に少年少女囲碁大会で優勝を果たす。 灘中学1年、佐藤が妻の死去のため囲碁教室をやめると藤沢秀...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"坂井秀至" に関連する情報はありません。