"岸和田城" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
岸和田城
'岸和田城'(きしわだじょう)は、大阪府岸和田市岸城町にあった日本の城である。別名'千亀利城'(ちきりじょう)。江戸時代には岸和田藩の藩庁が置かれた。庭園は国の名勝[https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/70/hachijin.html 岸和田城庭園(八陣の庭)が国の名勝に指定されました][http://news.sen-shu.jp/archives/8236 岸和田城庭園「八陣の庭」が名勝に]、城跡は大阪府の史跡に指定されている。 == 概要 == 建武 (日本)|建武元年(1334年)前後に、和田高家が現在の岸和田城跡から約500m東(野田町1丁目周辺)に岸和田古城を築城。「岸の城」とも言われた。その後『日本城郭大系』によると信濃泰義によって現在地に移築されたとしている。 豊臣秀吉|羽柴秀吉の紀州征伐の拠点として再築城され、その急ごしらえで造られていたものを、小出秀政が5重天守を上げる本格的な構えとした。松平康重の代に総構えと城下が整備され、岡部宣...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"岸和田城" に関連する情報はありません。