"沢村栄治" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
沢村栄治
'沢村 栄治'(さわむら えいじ、旧字体:'澤村 榮治'、1917年2月1日 - 1944年12月2日)は、三重県出身のプロ野球選手(投手)。日本プロ野球史上に残る伝説の選手の一人でもあり、戦前のプロ野球界でさまざまな記録を打ち立てた。 == 経歴 == === プロ入り前 === 1917年2月1日、三重県宇治山田市(現・伊勢市)の澤村賢二・みちえ夫婦の長男として生まれる。京都商業学校(現在の京都学園高等学校)の投手として1933年春、1934年春・夏の日本の高校野球|高校野球全国大会(当時は中等野球)に出場。1試合23奪三振を記録するなど、才能の片鱗を見せた。 === 全日本選抜 === 1934年の夏の大会終了後に京都商業を中退(現在の高校3年生に相当する年齢)。その年の11月に開催された読売新聞社主催の日米野球の全日本チームに参戦する。5試合に登板(4先発)したが、中でも11月20日、静岡県草薙総合運動場硬式野球場|静岡県草薙球場で開催された試合で...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"沢村栄治" に関連する情報はありません。