"畠山みどり" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
畠山みどり
'畠山 みどり'(はたけやま みどり、本名:'千秋 みどり'、1939年4月5日 - )は日本の演歌歌手。北海道士別高等学校卒業。 == 来歴 == 北海道稚内市出身。高校卒業後、デザイナーを志し上京し文化服装学院に入学するも、幼少時からの歌手の夢が棄て難く退学。古賀政男ギター学院へ入学し、レッスンに励む。 1960年、素人のど自慢番組『コロムビア・トップ・ライト|トップライトショウ』(ニッポン放送)で優勝したことでレコード会社の関係者の目に入り、日本コロムビア入社。入社後1年4ヶ月間、船村徹の下でレッスンに通う傍ら、島倉千代子などコロムビアの看板歌手の前座を務めた後、1962年「恋は神代の昔から」でデビュー。袴を履いた巫女姿の歌謡浪曲路線で畠山の名は一躍、全国に知れ渡る菊池清麿『昭和演歌の歴史 その群像と時代』アルファベータブックス、2016年12月1日。ISBN9784865980233 p.292。続いて「出世街道」も大ヒットし、1963年...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"畠山みどり" に関連する情報はありません。