"館林市" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
館林市
'館林市'(たてばやしし)は、群馬県南東部にある市。旧邑楽郡。1954年1町7村が合併して市制施行。上毛かるたで「ツル舞う形」と喩えられた群馬県の「ツルの頭」に位置する。徳川四天王の1人、榊原康政の城下町でもある。また、徳川綱吉が城主の時代には二十五万石の城下町であった。 東京を中心とする地域の定義一覧#関東大都市圏|関東大都市圏に属する総務省統計局 経済センサスと統計地図(大都市圏の売上高)【1.関東大都市圏】[http://www.stat.go.jp/data/e-census/topics/topi831.html#topi83b]。また近隣の町などから労働人口流入があり、本市を中心とする館林都市圏を形成している。 == 概況 == 今から約2万年前に館林に最初に人々が住み始めた事が確認されている。中世になると上野赤井氏|赤井氏、長尾氏、由良氏などが館林を本拠地とし、最終的には1590年に徳川四天王の一人である榊原康政が関東以北への押さえとして館林城に入り城下町を...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"館林市" に関連する情報はありません。