"瀬古利彦" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
瀬古利彦
'瀬古 利彦'(せこ としひこ、1956年7月15日 - )は三重県桑名市出身の元陸上競技・マラソン選手、陸上競技指導者。1970年代後半から1980年代にかけて宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした。現役引退後はエスビー食品|ヱスビー食品スポーツ推進局局長を経て、2013年4月よりディー・エヌ・エー|DeNAランニングクラブ総監督。 == 経歴 == === 陸上競技との出会い === 中学時代は野球部で投手をしていた。チームは県大会に出場するも早々に敗退するようなレベルだったが[http://www.harajuku.jp/whoswho/seko/seko.shtml Toshihiko Seko Interview] Harajuku Degital World、瀬古個人には東海地区の野球の強豪校からの誘いもあったことなどもあり『瀬古サンのタメ息、中山クンのハナ息』146ページ、当時の瀬古は高校球児として甲子園を目指すつもりでいた。野球に関心を持ったきっかけは漫画『巨人の星』への...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"瀬古利彦" に関連する情報はありません。