"瀬古利彦" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
瀬古利彦
'瀬古 利彦'(せこ としひこ、1956年7月15日 - )は三重県桑名市出身の元陸上競技・マラソン選手、陸上競技指導者。1970年代後半から1980年代にかけて宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした。 現役引退後はエスビー食品|ヱスビー食品スポーツ推進局局長を経て、2013年4月よりディー・エヌ・エー|DeNAランニングクラブ総監督。 2016年11月より、日本陸上競技連盟の強化委員会マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(理事兼任)に就任している[https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/11/02/kiji/K20161102013649420.html 瀬古氏が男女マラソン統括 日本陸連、東京五輪へ新強化体制]。 == 経歴 == === 陸上競技との出会い === 中学時代は野球部で投手をしていた。チームは県大会に出場するも早々に敗退するようなレベルだったが[http://www.harajuku.jp/whoswho/seko/seko.shtml Toshihiko Seko Inte...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"瀬古利彦" に関連する情報はありません。