"高浜虚子" の検索結果
最新の検索ワード
Wikipediaから
高浜虚子
'高浜 虚子'(たかはま きょし、旧字体: 高濱 虛子、1874年〈明治7年〉2月22日 - 1959年〈昭和34年〉4月8日)は、明治・大正・昭和の3代にわたる俳人・小説家。本名は'高浜 清'(たかはま きよし、旧字体: 高濱 淸)。 『ホトトギス (雑誌)|ホトトギス』の理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。 == 経歴 == 愛媛県温泉郡長町新町(現・松山市湊町)に旧伊予松山藩|松山藩士・池内(いけのうち)政忠の五男として生まれた。9歳の時に祖母の実家の高浜家を継ぐ。この時、清に次男を得られたら池内家に戻す約束があり、次男の池内友次郎|友次郎には約束通り池内姓を継がせた。 1888年(明治21年)、伊予尋常中学校(現在の愛媛県立松山東高等学校|愛媛県立松山東高校)に入学する。1歳上の河東碧梧桐と同級になり、彼を介して正岡子規に兄事し俳句を教わる。1891年(明治24年)、子規より'虚子'の号を授...
ナレッジコミュニティサイトからの最新情報
"高浜虚子" に関連する情報はありません。